HOME  >  ATCエンジニア  >  バックナンバー  >  全文検索システムの調査から導入まで 菊池多見子

全文検索システムの調査から導入まで 菊池多見子

全文検索システムの調査から導入まで

  • 菊池さん写真
  • 菊池 多見子(Tamiko Kikuchi)

    ネットワーク応用事業本部

    趣味:息子たちのサッカーの試合の写真撮影
    特技:息子たちのヘアカット
    資格:栄養士、家庭科教員免許、着付け
    最近はまっていること:ちょっと前ですが、すのこを使ったDIYにはまっていました。本棚やちょっとした荷物を置く棚、スリッパ立てなどを作りました。

菊池さんは三児の働くママさんということですが、家事や育児と仕事を両立するコツについて聞かせて下さい。

家事は最低限をこなす程度にして乗り切っていました。今では、少しですが息子たちが家事を分担してくれています。夫も時間のあるときは手伝ってくれます。また上の子たちには、下の子の保育園のお迎えに行ってもらっていました。家事や育児をしっかりできていない私ですが、家族の協力があるので今でも働いていられるのだと思います。

菊池さんが感じるATCの社風の魅力は?

丁度良い自由さと、社員同士の関係が良好なところだと思います。かなり前になりますが、年齢関係なく一緒にバドミントンやテニス、バーベキューを行いました。そういう雰囲気の良い会社ですので、現在は東京勤務で水戸本社とはロケが離れていますが、困ったことがあると快く相談に乗ってくれます。また、水戸本社へ出張になると、ランチや女子会など楽しい時間を作ってくれたりします。

入社してからどんな業務や勉強を行ってきたのか簡単に聞かせて下さい。

入社当時は、光ファイバの損失実験などを行っていましたが、PHSの設備管理システムの開発に携わったことをきっかけにソフトウェア開発へ業務シフトしました。ソフトウェア開発についての知識が全くなかったため、社内で学習会を開いていただいたり、勉強したり、実践で学んだりしました。それ以来、ずっと設備管理システムなどのシステム開発に携わっています。

最近携わった業務について、聞かせて下さい。

ファイルサーバ上にあるファイルを対象とした全文検索システムの調査から導入までを行いました。まず、どのような全文検索システムがあるのか、要望を満たせているのかなどを条件に調査を行い、報告書を作成して報告会を実施しました。その後、全文検索システム導入に向けて検証や構築を行いながら、手順書やマニュアルを作成しました。

そのなかで苦労した点があったら聞かせて下さい。

全文検索システムの調査から導入において、短期間でお客様の要求する報告書やマニュアルを作成するのに大変苦労しました。また、オープンソースの全文検索システムを導入したため、調査と検証を繰り返し、構築時および運用時において最適な設定値を探し当てることにも大変苦労しました。

今後、どのような仕事をしていきたいですか?

今年度は新しい業務へのチャレンジが続いているので、その中で見つけていくのもいいかなと思っています。

← 設備計画業務用システムとの20年、それはチャレンジの連続  長澤輝男 バックナンバー 個性派揃いで夢の可視化へ挑戦中 大竹琢磨 →