HOME  >  事業内容  >  AI系プロダクト/サービスの開発・提供・運用支援

AI系プロダクト/サービスの開発・提供・運用支援

RPAツール(WinActor®)の販売、導入支援

WinActorは、2010年にNTTの研究所で産まれた日本で最も注目されている市場シェアNo.1 RPAツールです。
RPAとは「Robotic Process Automation(ロボティック プロセス オートメーション)」の頭文字を取った略称で、ロボットによる業務自動化を意味します。
WinActorはユーザが行うパソコン操作をソフトウェア型のロボットに記録させることで、記録した操作を自動的に実行してくれるものです。コスト削減、ミスの削減はもちろんの事、業務の品質及び生産性向上など、あらゆる課題の解決をお手伝いします。

詳しくは、WinActor®ホームページをご覧ください。

WinActorアイコン

 

機械翻訳・映像サービスの技術SE・運用支援

NTT-ATCでは、AIによる機械翻訳サービスなどの技術SE、開発運用支援業務を行っております。

 

AIによる業務自動化・効率化研究開発支援

PC上でのオフィス業務やインフラ運用保守業務等の様々な業務をAIを用いて自動化、効率化するための研究開発を支援しています。