HOME  >  事業内容  >  ラピッドプロトタイピング

ラピッドプロトタイピング

ラピッドプロトタイピング

新しい技術・サービスコンセプト・製品コンセプトを見える形にし、価値を評価するPoC(Proof of Concept)、ならびにPoCを短期間に低コストで実施するためのラピッドプロトタイピングの需要が高まっています。
NTT-ATCでは長らくNTT研究所の各種プロトタイプシステム開発支援を行ってきた経験を踏まえ、これらをお客様に提供するサービスを行っております。

お客様のご要望・お悩み

  • IoTに対してハード(デバイス)とソフトのワンストップ試作を実施したい。
  • 当初から仕様が固まらない。仕様書を書けるリソースがいない。
  • ライバルに先んじるために圧倒的なスピードで検証したい。
  • コストの掛かるPoCでは、PoC中でも迅速な改変やフィードバックを実施したい。
 

弊社のソリューション

  1. ハードウェア+ソフトウェア一体開発(いずれか一方でも対応)。
  2. 仕様書レス開発(ホワイトボードなどでイメージ合わせ)。お客様に適時確認とフィードバックするアジャイル開発スタイル。
  3. 最速スプリント(2W単位)でのスピード開発。DevOpS適用による各種自動化。
  4. 期間契約やスポット契約などニーズに合わせた契約形態。
  5. クラウド/オンプレでの柔軟なご提供。

 

■材料加工から基板作成、デバイス試作、センシング、ロボット制御等幅広くカバー
■アルゴリズムやロジック検証用のプログラム作成、モバイル/機械学習/RPAなどデモアプリ開発など

作れるもの

【参考】プロトタイプ完成までの流れ

プロトタイプ完成までの流れの図